2021年シーズン

【開幕戦勝利記念!】2021年シーズンのセ・リーグ順位予想を発表!

開幕戦ビシエド!

こんにちは、リャオヘーです!

開幕戦から、いきなり大味な試合で、大逆転勝利をおさめた中日ドラゴンズ。

開幕戦に強いビシエドが、見事決めてくれましたね!

あの場面で、あの内容のあるバッティングで逆転ホームランが打てるビシエド!さすがです!

そして、それを演出したのは、間違いなく福留孝介でしたね!

あの四球の「奪い方」!

昨年までのドラゴンズに一番足りない部分でした。

終盤に福留が残っている怖さを改めて思い知られた開幕戦だったと思います!

そして、今シーズンのドラゴンズの強力なピースであることを11球団に見せつけたことも、とても意味があると感じます!

 

というわけで、開幕戦が終わったところで、今シーズンの順位予想をしておきたいと思います!

希望や忖度は無しでいきたいと思います!笑

 

かつては、3年連続、1~6位までピタリ賞と、その辺の解説者よりも当たる!と周りからは言われていましたが、

現在は12球団全てを分析することは難しい状況ですので、うわべの部分しか見えていない予想にはなりますが、自分なりの分析方で予想したのがこちら!

 

1、ヤクルト

2、巨人

3、ドラゴンズ

4.広島

5、阪神

6、横浜

 

ほとんどの解説者が、ヤクルトをBクラスに、阪神をAクラス(優勝予想も多いね)にしていますが、この2チームが大きな違いがあります。

昔は、投打のバランスと中継ぎ以降の強さを中心に順位予想することが多かったですが、ここ数年感じるのは、優勝できる「空気感」があるかどうか!

 

野球を、しばらく少しだけ離れたところから見ていて感じたことです。

ヤクルト優勝の最大要因は、内川・青木です。

内川が「1人」加入しただけではないです!

青木と合わさったことで、チームの雰囲気がガラッと変わりました!

そして何より、勝ち方を、優勝への流れ・空気感を読む力がチーム全体に広がっている感じが一番するのがヤクルトです。

 

こーゆう時のヤクルトって、投手で誰かが出てくるんですよ!

少し戦力がそろってしまえば、イッキに行ってしまう氣がします。

 

「戦力だけ」見た時、一番バランスよく揃っているのはドラゴンズだと感じます!

ただ、ヤクルトとの大きな違いは、「空気感」を感じられないことです。

何より、ここ一番の苦しい試合を、もお何年も味わっていないということです。

今年はクライマックスがあります。昨年のAクラスとはわけが違いますよ。そして、最初から「優勝」だけを狙っていかないと足もとすくわれますよ!

 

広島・阪神もどお転ぶか分からないので、4・5位になる可能性があるのもドラゴンズです・・・が、巨人を倒せるのは、ドラゴンズかヤクルトだとも感じています。

 

つまり!今シーズンのセ・リーグの目玉は、ドラゴンズであることは間違いありません!

自分とこのチームだから言っているわけじゃないですよ!笑

ホントは、この戦力なら優勝!と言いたいのが本音ですが。

 

エースと4番がしっかり1年間やってくれれば!

中継ぎ・抑えが昨年のようにやってくれれば、強いですよー。

 

というわけですが、皆さんの予想はどうでしょうか!?

 

いずれにせよ、昨年みたいに巨人が独走するようなことはないでしょう。

団子状態になった時こそ、「チーム力」が問われる時です!

 

後半戦で、どこのチームが勢いにのるか!

そして、勝ちパターンを作っておくか!

 

ドラゴンズ頑張れよ!!

最後は、ファンとして!優勝だああああああ

 

それでは本日も、読んでいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です