サンデードラゴンズ

与田監督の発言にみる手腕のすごさと覚悟!根尾・石川昂弥への想いは?(2021.01.31放送より)

サンデードラゴンズ

こんにちは、リャオヘーです!

毎週日曜午後0時54分より、CBCで放送されている「サンデードラゴンズ」。

放送内で気になったトピックをいくつか取り上げ、自分なりの意見や想いなどを、これから語っていきたいと思います。

時には偉そうに、厳しいことも言うかもしれませんが、愛あるがゆえの言葉ということで許して下さいね!笑

 

それでは、早速今週のピックアップ!

いよいよ明日から、プロ野球の春季キャンプがスタートですね!優勝への道の大一歩。その最大の鍵を握るのが、与田監督の手腕ではないでしょうか。

今週の放送でも、与田監督のインタビューが中心でした。そのインタビューの中から、僕が気になった3つの項目を順番に見ていきます。

与田監督就任3年目のスローガン「スピードアップ」

今年のキャンプのテーマとして、与田監督が掲げたのが「スピードアップ」でした。それに関して、まずは「自分自身の判断」のスピードアップが必要だと語っていました。

選手に求めるだけでなく、監督自らのスピードアップが必要だと言うあたりが、さすが与田監督だと感じます。どんな時でも、自分が責任をとるという与田監督の姿勢は、この2年間特に感じていたことです。就任3年目の今年、やってくれると確信しました!

そして、与田監督が気にしていたことが、「機動力」。2020年シーズンの盗塁企画数が、チームで「55」でした。「企画数」がですよ!しかも、チーム全体で!

ソフトバンクホークスの周東佑京選手なんて、1人で昨年50盗塁もしているわけです。この数字を上げていくことが、ドラゴンズの優勝に近づくことは明白です。さすが与田監督、一番大切なところに目をつけていますね。

ホームラン数も極端に少ないチームですが、そこはナゴヤドームを本拠地に持つ我がドラゴンズ。ホームランの数を増やすことより、盗塁の数や走塁の技術力をあげることで、チーム力を上げていきたいところです。

そのためにも、まずは盗塁企画数自体を伸ばしていくことが必要です。ということは、大島・京田の「出塁」が大事ということでもあります。さらにそこに、代走のスペシャリストが1人加わることで、チームは大きく変わってくると思います!

 

京田と根尾をショートで争わせる「本当の想い」

ショートでのレギュラーにこだわる根尾。長年ショートでプレーしてきた僕としては、気持ちはよく分かります。ショートっていうポジションは、やっぱ特別なんですよね!

でも正直、京田と根尾の守備力の差は、素人が見ても分かります。根尾の守備の形は、ショートにあっていないんですよね。正直見ていてかなり不安です。それでも!今後の打撃力の進化には魅力を感じます。だからこそ、外野で出場機会を求めてほしい。入団してきた時からずっと思ってきましたし、おそらく与田監督も同じ想いではなないでしょうか。

インタビューの中で、「力がおよばなければ、本人もプロとしての判断を自分がしなきゃいけない」という与田監督の言葉がありました。根尾本人がしっかり納得できるようにさせる、与田監督のこういったコーチングはさすが!だといつも思わされます。

そしてその後、「本人が腹から思えるようになれば、今度は外野で1軍に出るための準備のため、また違う戦いなると思います」という言葉がありました。本当は外野で準備してほしいんですよね根尾には。でも、頭ごなしに言うのではなく、選手本人に納得させるこの手腕と発言。

この監督の元でなら、今シーズンの優勝の可能性は高い!僕は今から心が震えています!

 

石川昂弥への期待と起用方法

この日ゲストの吉見一起さんから、「石川昂弥選手を、セカンドかショートで起用するつもりはありますか?」という質問がありました。

サードの高橋周平は不動であるという言葉とともに、ショートの動きは合っているというニュアンスの発言もありました。また「外野の可能性もあります」という発言も。吉見さんからは「僕ならセカンドですかね」という意見もありました。

僕個人の意見としては、二遊間でレギュラーを狙ってほしいと思っています。先ほどの根尾と違い、石川の内野守備はある程度形ができていると思います。とはいえ、サードが一番似合っているとも思うので、周平からサードを奪うつもりでもいてほしいと思います。むしろ、少なくとも2年後には不動のサードとして、周平以上の活躍をしていなければいけない選手だと思っています。

いずれにせよ、与田監督・吉見さんともに、石川への期待の大きさを感じますね。どのポジションでもいいので出場させたい選手。あの井端さんですら、外野なども経験しながらショートというポジションを奪ったわけですから、石川も根尾も、いろいろと経験しながら頑張っていってほしいと思います!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です